ニュース

2016年12月18日(日)「図書館と埼玉県民のつどい2016」(北本市文化センター)優勝

東中ビブリオバトルの歩み  

2014年

生徒たちが自主的にビブリオバトルに参加 
第1回さいたま市ビブリオバトルチャンプ本認定

2015年

7月  3年生国語の授業でビブリオバトルを行い、全生徒が参加
7月30日 第2回さいたま市ビブリオバトル 優勝
9月19日 東中発表会で決勝戦を開催 
12月13日 図書館と県民の集い ビブリオバトル県大会  

  

2016年 市ビブリオバトル3連覇 県大会も制し、”ビブリオバトルの東中”の名を轟かす

7月1日 ビブリオバトル学校代表決定
7月29日 第3回さいたま市ビブリオバトル 優勝
9月17日 東中発表会 ビブリオバトル 
11月14日 ビブリオバトル県予選会(北本市文化センター)  
12月18日 図書館と埼玉県民のつどい2016(北本市文化センター) 優勝 
 作者の降田天さんがわざわざ会場まで応援に来て下さいました。(一緒に記念撮影) 

開催レポート

2014年 第1回 テーマ 「ドキドキする本」

  紹介された本   作者  出版社
 ※  「からくり夢時計」 川口雅章  アルファポリス
   「怪盗クイーンと魔界の陰陽氏」 はやみねかおる   講談社

     ※印はチャンプ本

2015年 第2回 テーマ 「わくわくする本」

  紹介された本   作者  出版社
 ※  「イノセントブルー」 神永学  集英社
   「夜行観覧車」 湊かなえ  双葉社
   「トムは真夜中の庭で」 フィリパ・ピアス(作)
高杉一郎(訳)
岩波書店

     ※印はチャンプ本

2016年 第3回 テーマ 「芸術」

  紹介された本   作者  出版社
 ※  「女王はかえらない」 降田天  宝島社
   「新釈走れメロス」 森見登美彦  角川書店
   「こんなにも優しい、世界の終わりかた」 市川拓司  小学館 
   「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 ママチャリ  小学館 

     ※印はチャンプ本

  

ビブリオバトルとは

本の紹介コミュニケーションゲームです。
 1.テーマを決めて、テーマに沿った面白い本を見つけて集まる
 2.一人5分ずつ順番に紹介する
 3.2分議論する
 4.どの本が一番読みたいと思ったか投票し、チャンプ本を決める

知的書評合戦 ビブリオバトル公式ウェブサイトより